自由研究のテーマ

子どもが決めた自由研究のテーマが、先生に却下された時…

ついに今年の夏休みも今週で終わってしまう。
明日と明後日の土日が過ぎれば、いつもの学校生活・幼稚園生活の母のスタート。

いくつになっても夏休みが終わる頃には
なんか寂しい気がするもんですね。

夏休みの後半になってから日々この時期が来ることを恐れていましたが、
ここ数日で、ようやく心配事の一つが無くなって、ホッした面もあります。

それは、長男の夏休みの宿題や自由研究。

長男の夏休みの宿題については、『野球少年よ。どうして学校の算数も大切だと思う?』の記事内容が効果バッチリで既に片づけることができていましたが、残す“自由研究”については まだまだ甘くはありませんでした。

自由研究については、
夏休みが始まる前に学校の先生から「自由研究計画書」というものを渡され、
その計画書は「今年の自由研究は何をするか」「どのように研究するか」などを
記述するものだったのですが、
この計画書に、長男は「どうしたら宿題が無くなるか」をテーマに書いて提出しました。

私は「え~~~!?」と思ったのですが、

夫・銀蔵は・・・

夫・銀蔵
いいじゃん。いいテーマだね。
と、長男の後押しをしてしまいました。
しかし、後日、学校の先生からの計画書のチェックで、
見事に「テーマを考え直して下さい」と却下されました。
・・・当然だよね。
そのチェック内容を、長男がムスッとしながら夫に見せたところ、
(長男は父ちゃん大好きなんだよねぇ~)
夫・銀蔵はしばらく考え込みました。
チェック内容を私も見せてもらったところ、
却下の理由は、「このテーマは理科や社会に関係ないからダメです」
「自由研究は、理科や社会に関係することにして下さい」とのこと。
長男はこのチェック内容への異議を先生に既に直談判していたようですが、
「どうしてもこのテーマをしたいのであれば、お父さんかお母さんから先生に電話を下さい」
とのことです。
先生への電話・・・私が条件反射的に拒絶することです。
私も先生の考え方に同感…ということであればよいのですが、
自分が電話したくない都合を優先して、長男に考え直すようにと思ってしまった自分…。
こんな自分をこのときに自覚してしまい、
自己嫌悪に落ちいてしまったのが、夏休みが始まる直前の事です。
一方の夫・銀蔵は・・・
夫・銀蔵
わかった。父ちゃんが電話したる。
ただし、おまえが条件をクリアすればね。まずは、この計画書を書きなおして、父ちゃんに見せてみろ。
確かにこの計画書には「宿題は嫌い」ということしか書かれていないよな。
それじゃあ、先生だって、おまえの考えていることが分からないかもしれないもんな。

父ちゃんは「どうしたら宿題が無くなるか」というテーマは立派なテーマだと思うぞ。
このテーマへの向き合い方によっては、算数や国語の力が養われるし、何より本当の社会の勉強にもなるからな。

でも、自分の本当の考えをしっかりと伝えることは、とっても難しいことだ。真剣に相手の立場・読み手の立場に立って、「どうしたら自分のやりたい事・考えが伝わるか」ということに向き合うことから始めてみな。

多くの事は、「却下されてからがスタート」「失敗してからがスタート」だ。

おまえが計画書を真剣に書きなおした内容によって、その意欲が父ちゃんに伝われば、先生に電話したるからな。その代わり、一発勝負な。

とのことでした。
早速、長男は自由研究計画書を書きなおして、夫・銀蔵に提出するも・・・、
夫・銀蔵

これじゃあ、残念だな。不合格。

まず初めに「真剣な一発勝負だ」って言ったよな。
真剣な一発勝負の提出物で、こんな雑な字を書いたらよくないよな。
提出物とは、「自分が書いたもの」ではなくて「相手に見てもらうもの」。
この時点で、内容がどんなに素晴らしくてもアウトだぞ。

これからおまえは、いろんな手紙を書くこともあるだろう。ラブレターとかもそうだよね。
将来いきたい学校があるなら、願書を書いたり小論文を書いたりすることもある。
企業に就職するなら履歴書を書くこともあるし、家を買うためや事業のための借金をするときには手書きの資料も必要になるときもある。

自分が一生懸命書いたり作ったりしたものでも、それを皆が最初から見てもらえるとは思うな。見てもらうための向き合い方から大事だぞ。

今回のこの提出物は、それほど真剣に強い思いを込めて書いたか?

結局、夫・銀蔵の計画書審査も通らず、
長男はそのテーマを断念することになりました。
長男は渋っていましたが、父ちゃんにズボシを突かれたようで、あっさりとノックアウト。
でも、何かを少し理解したような顔つきでした。
ここでも、(夫・銀蔵が先生に電話するようなことが無くて良かったぁ)と
自己都合でホッとしてしまった自分にも自己嫌悪…。
ところで、このことによって、
長男は夏休みの宿題が終わっても、自由研究だけはずっとフワフワしていました。
自分で「これをやる!」と決めたものがストップとなると、
軌道修正することが難しいんでしょうね。
この気持ちは私もとっても分かります。
頑張れ、長男!
却下されてからがスタート、失敗してからがスタート
提出物は、「自分が書いたもの」ではなくて「相手に見てもらうもの」
私も心に留めておきます。
>夫・岩井銀蔵の妻として

夫・岩井銀蔵の妻として

小さい頃から私は、「毎日学校の人たちとすれ違うだけで緊張する」「運動会は人が多いから大嫌い」「電車に乗るのはいつも誰かに見られているような気がして怖い」と、とても生きづらい毎日を過ごしてきました。それは大人になっても変わらない日々が続きましたが、夫や家族たちの支えのおかげで、私は私の“夢”を持つことができるようになりました。
今は家計も育児も夫に頼りっぱなしですが、「本当の生きる力」を養って、社会的自立に挑んでいきたい!このように考え・行動できるようになったのは、やはり夫の“厳しい愛”の力が大きいのかもしれません。
いつも家族や皆の夢の応援をしてくれる夫に対し、私も微力ながら夫の夢を応援したいと思っています。夫・岩井銀蔵のブログも宜しくお願い致します。

CTR IMG