122ドルの含み益

利益確定の誘惑に負けそうです。

一昨日の10月30日に初のスイングトレードを実行したということで、
AUDNZDの売りポジションと
NZDUSDの買いポジションを持ちました。

これらのレートは、見事に昨日にかけて狙いの方向に進み、
1日間で76ドルの含み益となりました。

残高が増えている

残高の運用開始資金2768ドルのうち、
半分はHotForexからの100%ボーナス分ですので、
実際の私のスタート資金は1384ドル

この1384ドルから76ドル増えていましたので、
昨日時点では1460ドルに増えたことになります。

この昨日の時点では、
初のスイングトレードで資金が増えていることに対して、
ただただ嬉しいという気持ちしかありませんでしたが、

本日、またMT4を起動し、口座の状態を確認しましたら、
昨日よりもさらに利益が膨らみ
122ドルの含み益が発生していることが分かりました。

122ドルの含み益

このことにより、現時点でスタート資金1384ドルが
1506ドルに増えたことになりますので、
日本円に換算すると、15万円が16万3000円に増えたことになります。

「たった2日間だけで1万円以上も増えている」

ということに対して、もちろん嬉しい気持ちがあるのですが、
それ以上に、

「この含み益が減ってしまったら嫌だ。」
「早くこの利益を確定してしまいたい。」

という守りの気持ちが出てきてしまいました。

現在、エントリーしたポジションよりも
少し利益側にストップロスを置いていますので、
もし、この後、相場の流れが急反転してしまったとしても、
今回のトレードによる損失が発生することはありません。

しかし、今、1万円以上も利益が出ているのに、
その利益が5000円に減ってしまったり、
さらには数百円に減ってしまったりしてしまうと、
最初から損をするよりも嫌な気持ちになってしまいそうです。

そんな気持ちを夫・銀蔵に話しましたところ・・・

夫・銀蔵
人間っているのは、最初から失敗するよりも、
一度得たものを後から失うことの方が恐怖を感じる。

もし仮に、おまえが逆に100ドルの損失が出ていたなら、
その100ドルのマイナスが回復するのを、じっと待っていられると思う。
さらにそこから100ドル減ってしまうかもしれないのにね。

でも、今回のように100ドル増えている状態なら、
損失の場合と真逆で、じっと待つってことに大きな抵抗を感じるよな。

このような人間心理が、相場で負けてしまう人が圧倒的に多い理由の一つなんだよ。

相場で勝つためには、多くの人間と逆の行動をすることが鉄則

今回は、「もし反対のポジションを持っていたとしたら、どうしているか」
考えてみな。それが、多くの人と逆の相場で勝つ行動だから。

ということでした。
今回、もし、この含み益122ドルが、逆に含み損122ドルだったとしたら…
  • AUDNZDなら、「もう一回、高値を目指してくれるよね」「それまで待とう」
  • NZDUSDなら、「前回、今の近辺で反転したんだから、今回も今の付近で反転してくれるよね」「それまで待とう」

という気持ちになっていたと思います。

相場で勝つためには、このように「逆の場合」を仮定した時と同じ行動をとればいいのですね。

ということは、今回は、このまま継続ということが
相場で勝つ人の行動ということになります。

・・・ところで、

このようにブログ記事を書いている間にも、
HotForexの残高が気になって、MT4をチェックしてみると・・・、

また10ドル増えている

また さらに10ドル近く増えています。

この「さらに増えた10ドル」は、さっき焦って利益確定を急いでいたとしたら
得られることの無かった10ドルです。

もし、これがプラスの含み益では無く、
マイナスという含み損だったとしたら…、
きっと、これも何も手を出さずに じっと見ているのでしょうね。

相場で勝つには、
「もし反対のポジションを持っていたとしたら、
どうしているか」
を考える
・・・なかなか大変です。
>夫・岩井銀蔵の妻として

夫・岩井銀蔵の妻として

小さい頃から私は、「毎日学校の人たちとすれ違うだけで緊張する」「運動会は人が多いから大嫌い」「電車に乗るのはいつも誰かに見られているような気がして怖い」と、とても生きづらい毎日を過ごしてきました。それは大人になっても変わらない日々が続きましたが、夫や家族たちの支えのおかげで、私は私の“夢”を持つことができるようになりました。
今は家計も育児も夫に頼りっぱなしですが、「本当の生きる力」を養って、社会的自立に挑んでいきたい!このように考え・行動できるようになったのは、やはり夫の“厳しい愛”の力が大きいのかもしれません。
いつも家族や皆の夢の応援をしてくれる夫に対し、私も微力ながら夫の夢を応援したいと思っています。夫・岩井銀蔵のブログも宜しくお願い致します。

CTR IMG